ここぴたる!

医療・介護職のやりがい・ありがとうエピソード集

祖母も家族もみんな、あの時のリハビリスタッフの方々には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

私はリハビリ関係者の方々にとても感謝しています。 3年前祖母は圧迫骨折をしてしまいました。 骨折当時は77歳で変形性膝関節症もあったので、圧迫骨折と聞いた時には「もう歩けないかも」とも思いました。 骨折する以前は一人でバスに乗って買い物に行く元…

【乳がんとの闘い】医師の先生は、ずっとそばに居てくれて母に、よく頑張ったね!!腹水も抜けてよかった!!と言って頭を撫でてくれました。

私の母が乳がんになりました。 総合病院で発見されました。 癌が見つかった時点でステージ4。 リンパにまで転移していました。 癌を少し小さくする為に抗がん剤治療がはじめられました。 月に1回、3本もの抗がん剤を身体に入れていきます。 時間は、5時間か…

【子供のリハビリ】理学療法士さんと作業療法士さんは、人見知りで臆病な子どもの心をほぐしてくれて、ケガをした手を元通りに動くようにしてくれました。

小学生の子どもが、学校の授業中に転けて手首を痛めてしまいました。 学校から呼び出されて慌てて保健室に向かいました。 子どもの手首は痛みが強くみるみるうちに腫れてきたようです。 保健の先生が氷で冷やしてくれていたので、そのまま自宅近所の病院を受…

【夫のうつ病】心理カウンセラーに相談するとまず一言目が、奥様大変でしたね。奥様は大丈夫ですか? と私を気遣う言葉でした。 どうしたらいいかわからずにいた私にとってその言葉でこの人を頼っていいんだ。一人で抱えなくてもいいんだと安心して涙が止まりませんでした。

平成28年3月夫がうつ病を発症しました。 原因は以前から家族との折り合いが悪かったのをずっと我慢して生活していたからです。 症状は徐々に悪化していきました。 初めはただ元気がなかっただけだったので仕事が忙しいのかなと様子を見ていました。 しかし、…

医師の先生に「腎臓が一つなくなったのはショックでしょう。けれど、言葉は悪いかもしれませんが、腎臓でよかったんです。」と言っていただき、姉はそれからしっかり顔を上げ、希望を抱き、またいつもの気丈な姉に戻って行きました。

今から、5年前の話です。 私には、二つ年上の姉がいます。 幼い頃は喧嘩ばかり、大っ嫌いな姉でしたが、歳をとるにつれて、姉妹というのは仲が良くなるようで、今は姉が大好きです。 仲の悪かった子供時代ではありましたが、姉の気丈さに尊敬もしていたし、…

退院の日、私は長い手紙を主治医に渡しました。 「ありがとう」しか出てこなかった、それでもたくさん「ありがとう」と伝えたかった。先生への手紙に書いた一部を抜粋します。

私は、自己免疫性脳炎という病気で入院していました。 入院した当初は、意識もはっきりしていたのですが、意識障害が進み、ある日、天井を見つめたまま動かなくなりました。 家族は悲しみ、私の主治医に訊きました。 「この病気は治りますか?」と。 私の主…

言語聴覚士は、嚥下のリハビリや、頭のリハビリ以外にも、人の心に耳を傾ける、患者の支えになる存在なのだなと思いました。

脳の病気から回復する途中のリハビリの話を書きたいと思います。 ほぼ病室で横になっているばかりの入院生活でリハビリは、大変でもあり、楽しみでもありました。 その中でいちばん楽しみだったのが、言語聴覚士による頭のリハビリです。 回復してきて最初の…