ここぴたる!

医療・介護職のやりがい・ありがとうエピソード集

2018-08-23から1日間の記事一覧

小児科の医師や看護師さんの「うんうん、大変だったね。」「もうしばらくしたら子どももよくなるし、心配いらないよ」「そんなに頑張らなくてもいいよ」 という言葉ですごく救われました。

子どもが1歳の頃、発熱や病気などで小児科に頻繁に通っていました。 家から近い小児科でしたが、とにかく人がいつもいっぱいで予約がなかなか取れず、朝一で予約を入れようと思っても予約が取れず、夕方にようやく予約が取れるというような状況でした。 その…

心療内科の臨床心理士さんに「あなたは心が繊細で綺麗な人なんですね。だからそうして1人で抱えてしまったんですね。話してくれてありがとうございます」 と言っていただいたのです。

私が現在通っている心療内科の臨床心理士の先生に向けて、感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。 私は子供の頃から感性が豊かだと自他共に認めており、それによって不安な気持ちになることが多かったです。 10歳の時に祖父を亡くし、その時に精神的におか…

【産婦人科の女医】女医さんに女性目線のアドバイスを頂いたことや、お気遣い頂いたことが、妊婦として、同じ女性としてなによりも嬉しかったです。

出産時に通った産婦人科で、お世話になった担当の女医さんの話しになります。 初めての出産だったため、大きな病院の産婦人科を選び、医師の先生もたくさんいましたが、受診した際の曜日で担当の医師が決まり、その後、出産までの私の担当の医師となりました…

【整形外科クリニックの理学療法士】最も「理学療法士になってよかったな」と思えた瞬間は、リハビリを無事に終了し、学生をスポーツ復帰させた試合を見たときでした。

私の勤務していた整形外科クリニックには、小さな子供から、高齢者まで幅広い年齢層の方が来院されていました。 私は主に、スポーツ復帰を目指す学生のリハビリを担当しており、院内でのリハビリはもちろん、試合帯同で外勤務をすることも多くありました。 …