ここぴたる!

医療・介護職のやりがい・ありがとうエピソード集

2018-09-24から1日間の記事一覧

同じ看護師として、今後自分自身が転職するなら、こういった最期のお別れの瞬間まで、しっかりと行うことができる病院が良いなと思いました。

私の祖父は、肺炎で半年ほど入院をしていました。 認知症も患っていたため、自己決定能力はなく、もう口から食事をとることは難しいと言われた時は、胃ろうをするかどうか、家族で悩みました。 しかし、その時はまだ会話が出来ていたので、胃ろうをすること…

【頸椎損傷でリハビリ】作業療法士さんや看護師さんのおかげで、現在父は家の中では車いすを使わず、住宅改修で家に付けた手すりを伝って、自力で歩いてお手洗いに行けますし、着替えも自分でできています。

私の父が、10年ほど前に不慮の事故で、頸椎を損傷した時のことです。 事故直後に運ばれた大学病院で、約7時間の大きな手術を受けました。 医師の先生からは 「今後は車いすの生活になるでしょう」 と説明があり、私たち家族としては絶望しながらも、父を支え…