ここぴたる!

医療・介護職のやりがい・ありがとうエピソード集

2019-01-04から1日間の記事一覧

助産師さんが 「赤ちゃんを想って泣いているあなたはもう立派なお母さん。自信をもって。きっとかわいい赤ちゃんが産まれるよ」と言ってくれました。

昨年、切迫早産で三週間入院していた時のことです。 慣れない入院生活、点滴の副作用の嘔吐でろくに食べれないご飯のことなどでストレス満載でした。 副作用のひとつに寒暖差もあり、さっき暑いからと脱がせてもらった服を二十分後は寒いからまた着させてく…

理学療法士さんが、私のバレーボール人生で最も重要といっても過言ではない高校時代を支えてくれたことは、一生忘れないと思います。

高校2年生の時、リハビリに某病院へ通い、理学療法士によるリハビリを受けた時の話です。 私はバレーボール部でセッターのポジションを務めており、数ヶ月腰痛に悩んでいました。 同じ部の中に足首の捻挫で、病院に通っている子がおり、リハビリが丁寧である…

【子供のRSウイルス】その看護師さんは、わたしに「ナースコールを押してくれてありがとうございました。」と笑顔で言ってくれたのです。

生後1ヶ月の次男がRSウイルス感染で入院したときのことです。 数日前から鼻水が詰まって息ぐるしそうでした。 次男の風邪症状が出る2週間ほど前から、長男が風邪をひいていました。 次男の症状も長男の時と同じで、鼻水は白っぽくて、熱も微熱程度で、大した…

子供が泣いていたりすると、どうしてもうるさいなぁという顔をされてしまう事が多かったので、看護師さん達の対応に救われました。

耳鼻科での事です。 私の子供が、まだ5歳くらいの時の話してすが、耳が痛いと言うので、耳鼻科に連れて行きました。 いつも行っている耳鼻が休みだったので、昔からある、少し古びた感じの耳鼻科に連れて行きました。 私も小さい頃は、お世話になった所です…

【胆管がん】私の大事な家族が素敵な先生に診てもらえた事に、とても感謝しています。

私の曽祖母が入院した時のお話です。 私の曽祖母は当時96歳でしたが、認知症や大きな病気もなく過ごしていました。 ある日、食欲がないということで病院を受診。 検査の結果、胆管に癌がある事が分かり、入院することになりました。 入院前に口からカメラを…

祖母も家族もみんな、あの時のリハビリスタッフの方々には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

私はリハビリ関係者の方々にとても感謝しています。 3年前祖母は圧迫骨折をしてしまいました。 骨折当時は77歳で変形性膝関節症もあったので、圧迫骨折と聞いた時には「もう歩けないかも」とも思いました。 骨折する以前は一人でバスに乗って買い物に行く元…

【乳がんとの闘い】医師の先生は、ずっとそばに居てくれて母に、よく頑張ったね!!腹水も抜けてよかった!!と言って頭を撫でてくれました。

私の母が乳がんになりました。 総合病院で発見されました。 癌が見つかった時点でステージ4。 リンパにまで転移していました。 癌を少し小さくする為に抗がん剤治療がはじめられました。 月に1回、3本もの抗がん剤を身体に入れていきます。 時間は、5時間か…

【子供のリハビリ】理学療法士さんと作業療法士さんは、人見知りで臆病な子どもの心をほぐしてくれて、ケガをした手を元通りに動くようにしてくれました。

小学生の子どもが、学校の授業中に転けて手首を痛めてしまいました。 学校から呼び出されて慌てて保健室に向かいました。 子どもの手首は痛みが強くみるみるうちに腫れてきたようです。 保健の先生が氷で冷やしてくれていたので、そのまま自宅近所の病院を受…

【夫のうつ病】心理カウンセラーに相談するとまず一言目が、奥様大変でしたね。奥様は大丈夫ですか? と私を気遣う言葉でした。 どうしたらいいかわからずにいた私にとってその言葉でこの人を頼っていいんだ。一人で抱えなくてもいいんだと安心して涙が止まりませんでした。

平成28年3月夫がうつ病を発症しました。 原因は以前から家族との折り合いが悪かったのをずっと我慢して生活していたからです。 症状は徐々に悪化していきました。 初めはただ元気がなかっただけだったので仕事が忙しいのかなと様子を見ていました。 しかし、…

医師の先生に「腎臓が一つなくなったのはショックでしょう。けれど、言葉は悪いかもしれませんが、腎臓でよかったんです。」と言っていただき、姉はそれからしっかり顔を上げ、希望を抱き、またいつもの気丈な姉に戻って行きました。

今から、5年前の話です。 私には、二つ年上の姉がいます。 幼い頃は喧嘩ばかり、大っ嫌いな姉でしたが、歳をとるにつれて、姉妹というのは仲が良くなるようで、今は姉が大好きです。 仲の悪かった子供時代ではありましたが、姉の気丈さに尊敬もしていたし、…

退院の日、私は長い手紙を主治医に渡しました。 「ありがとう」しか出てこなかった、それでもたくさん「ありがとう」と伝えたかった。先生への手紙に書いた一部を抜粋します。

私は、自己免疫性脳炎という病気で入院していました。 入院した当初は、意識もはっきりしていたのですが、意識障害が進み、ある日、天井を見つめたまま動かなくなりました。 家族は悲しみ、私の主治医に訊きました。 「この病気は治りますか?」と。 私の主…

言語聴覚士は、嚥下のリハビリや、頭のリハビリ以外にも、人の心に耳を傾ける、患者の支えになる存在なのだなと思いました。

脳の病気から回復する途中のリハビリの話を書きたいと思います。 ほぼ病室で横になっているばかりの入院生活でリハビリは、大変でもあり、楽しみでもありました。 その中でいちばん楽しみだったのが、言語聴覚士による頭のリハビリです。 回復してきて最初の…

恋?とまではいかないかもしれませんが、看護師さんにかなりの好意を持っていたに違いありません。淡いたった一回のデートの話を父は大切そうにいつも話してくれました。

父の話です。 父は、ギャンブル好きの大酒飲みでした。 港町に住んでおり、いわゆる漁港での市場ではたらいていました。 気難しく、頑固な性格で、母を困らせてばかり。 そんなある日、体調をくずし、近くの病院に受診しました。 どうやら肝機能が異常値をだ…

本当に大切なことを気づかせてくれた看護師さんには感謝してもしきれません。本来の入院の目的を忘れてしまう程にとても素晴らしい人に出会えたと思います。

今年に入り、原因不明の微熱と吐き気が続くようになり、なんとなくダルさもあり疲れも取れず近医を受診することにしました。 近医でできる限りの検査を行い、検査結果に異状が見られず、原因も分からなかった為、隣県の総合病院へ紹介状を書いてもらいました…