ここぴたる!

医療・介護職の「ありがとう」エピソード集

助産師のエピソード集

【助産師と看護師の出産サポート】痛みで呼吸法ができずにいると、看護師さんに 「◯◯さん、しっかりしなさい」 とピシャリと言われました。

私が初めて出産をした時の話です。 本やネットでは、色々と陣痛や出産時についてのことを調べていたつもりで、それなりに覚悟もしていたつもりでした。 しかし、いざ予定日を迎えても陣痛が来ず、不安な日々を過ごしていました。 予定日から6日目の夜、急に…

【妊娠悪阻、掻爬手術、そして命の誕生】妊娠、出産、産後で関わって頂いた医師の先生、助産師さん、看護師さんには、今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

私は子どもが2人います。 どちらの子も妊娠した際にはひどい悪阻(おそ)になりました。妊娠悪阻です。 体質的なこともあるのでしょう。 藁をも掴む思いで、つわりに効くと言われていることは全て試してみましたが、全く効きませんでした。 点滴をして命を繋…

【妊娠中の尿管結石】「尿管結石の妊婦さん」として私はちょっぴり有名人になりました。

妊娠7ヶ月の頃、尿管結石になり入院しました。 胎児への影響を考えて強い薬が使えず、弱い薬で痛みを緩和することしかできませんでした。 時には薬が効かないこともあり、痛みに耐えることもありました。 健康そのものだった私は、入院経験は出産の時のみ。 …

【胎児発育遅延で579gで出産】看護師さんが、赤ちゃんが小さく産まれたことの不安をすべて聞いてくれました。

私は妊娠6ヶ月のころに胎児発育遅延と診断され、通っていた産婦人科から大学病院へ転院となりました。 原因は不明で、自宅安静をするしかなく、毎日不安との戦いでした。 胎児の発育は通常に比べ遅れてはいるが、ほんの少しずつ成長はしていたため、定期的に…

【結婚式直前の絶望】看護師さんから、女の人は辛い思いをしても負けてはいけない。前を向かなければいけない。笑っていないといけない。元気でないといけない。長生きしないといけない。太陽でないといけない。そんな本当に前向きな話を、たくさんたくさんしてもらいました。

自分自身が入院した時の出来事です。 結婚し、忙しく過ごす毎日で、入籍はしていましたが、結婚式はまだ行っておらず、あと一週間で挙式というタイミングでの出来事でした。 普段と変わらない生活をしている中、なぜか急に体調が悪くなりました。 もちろん、…

助産師さんに『ママが元気なら赤ちゃんも元気に育つし、ママが不安だったら、赤ちゃんもなんでママ泣いてるのー?ってなるから入院中は何でも話してね』 と言われ、心が軽くなりました。

私は、今二人の女の子の親をしており、二人とも同じ産婦人科で出産しました。 わたしの住んでいるところは、産婦人科が総合病院にしかなく、相部屋と知り、里帰り出産する予定もしていたので、実家からも義実家からも嫁ぎ先からも来れる距離の、都会の産婦人…

【常位胎盤早期剥離で緊急出産】助産師さんが左手をギュッと掴んで一言「大丈夫だよ。一緒についてるから。頑張ろう」 と声をかけてくれました。

初産で妊娠35週の時、家で陣痛がきて大量出血しました。 すぐに救急車で総合病院へ搬送され、そのまま出産となりました。 常位胎盤早期剥離というもので、胎盤が剥がれ、母子ともに危険な状態だったことを出産のあとに聞きました。 最初は、産科の先生がエコ…

陣痛の合間合間で助産師さんがかけてくれる言葉に、守られているような気持ちになり、とても心強く思いました。

私がある助産師の方から受けたケアで、とても嬉しかった体験談をお話させていただきます。 私は、20歳の時に妊娠、出産しました。 今や10代での妊娠も珍しくなく、若いお母さんは世の中にたくさんいると思いますが、当時私の周りにはそんな友人はおらず…

【産婦人科の女医】女医さんに女性目線のアドバイスを頂いたことや、お気遣い頂いたことが、妊婦として、同じ女性としてなによりも嬉しかったです。

出産時に通った産婦人科で、お世話になった担当の女医さんの話しになります。 初めての出産だったため、大きな病院の産婦人科を選び、医師の先生もたくさんいましたが、受診した際の曜日で担当の医師が決まり、その後、出産までの私の担当の医師となりました…

娘がお空に戻ってから、今私は集中治療室の看護師として、あのとき娘の写真を撮ってくれた看護師さんのように、心にそっと寄り添える看護を目指して働いています。

初めての妊娠、出産でした。 妊婦健診では、「赤ちゃん小さめだね。」と産科の先生から言われていましたが、それ以外は順調でした。 逆子が治らず、39週の正期産で帝王切開になりました。 赤ちゃんがお腹から出された後、頭上にいる麻酔科の先生が呟くように…

助産師の私への感謝の言葉が綴られていたこの手紙は、私にとって一生の宝物となっています。

私は公立病院の産婦人科で助産師として勤務しています。 そして、今までに約800件の分娩に関わり命の誕生に立ち会ってきました。 当たり前の事ですが分娩の経過は一人一人異なります。 病院に到着後すぐに分娩になる人もいれば、3日3晩陣痛に耐えてようやく…

外来にいた助産師さん、2人の子供を取り上げてくれた助産師さん、お二人がいなければ私は2人目の子供を作ろうとは思えませんでしたし、陣痛にも1人では耐えられなかったと思います。

・2人の子供を同じ病院で出産 2人の子供を同じ病院で出産いたしました。 何もわからない第一子出産時に、まだ新人の助産師が取り上げてくれました。 隣にはベテランの助産師も一緒にいてくれました。 痛みと疲れでぐったりしていた私に、お2人がずっと励ま…

嫌がるそぶりを見せるどころか素敵な言葉で励まして導いてくれた助産師さんに本当に感謝しています。

助産師さんに感謝を伝えたい。 私が感謝を伝えたいのは、第二子を出産するときにお世話になった助産師さんです。 第一子のときは、陣痛開始から出産までが7時間と比較的早く、さらに、強い陣痛が来てからは2時間ほどで産まれたこともあり、第二子出産時には…