ここぴたる!

医療・介護職のやりがい・ありがとうエピソード集

医師のエピソード集

【胆管がん】私の大事な家族が素敵な先生に診てもらえた事に、とても感謝しています。

私の曽祖母が入院した時のお話です。 私の曽祖母は当時96歳でしたが、認知症や大きな病気もなく過ごしていました。 ある日、食欲がないということで病院を受診。 検査の結果、胆管に癌がある事が分かり、入院することになりました。 入院前に口からカメラを…

【乳がんとの闘い】医師の先生は、ずっとそばに居てくれて母に、よく頑張ったね!!腹水も抜けてよかった!!と言って頭を撫でてくれました。

私の母が乳がんになりました。 総合病院で発見されました。 癌が見つかった時点でステージ4。 リンパにまで転移していました。 癌を少し小さくする為に抗がん剤治療がはじめられました。 月に1回、3本もの抗がん剤を身体に入れていきます。 時間は、5時間か…

【夫のうつ病】心理カウンセラーに相談するとまず一言目が、奥様大変でしたね。奥様は大丈夫ですか? と私を気遣う言葉でした。 どうしたらいいかわからずにいた私にとってその言葉でこの人を頼っていいんだ。一人で抱えなくてもいいんだと安心して涙が止まりませんでした。

平成28年3月夫がうつ病を発症しました。 原因は以前から家族との折り合いが悪かったのをずっと我慢して生活していたからです。 症状は徐々に悪化していきました。 初めはただ元気がなかっただけだったので仕事が忙しいのかなと様子を見ていました。 しかし、…

医師の先生に「腎臓が一つなくなったのはショックでしょう。けれど、言葉は悪いかもしれませんが、腎臓でよかったんです。」と言っていただき、姉はそれからしっかり顔を上げ、希望を抱き、またいつもの気丈な姉に戻って行きました。

今から、5年前の話です。 私には、二つ年上の姉がいます。 幼い頃は喧嘩ばかり、大っ嫌いな姉でしたが、歳をとるにつれて、姉妹というのは仲が良くなるようで、今は姉が大好きです。 仲の悪かった子供時代ではありましたが、姉の気丈さに尊敬もしていたし、…

退院の日、私は長い手紙を主治医に渡しました。 「ありがとう」しか出てこなかった、それでもたくさん「ありがとう」と伝えたかった。先生への手紙に書いた一部を抜粋します。

私は、自己免疫性脳炎という病気で入院していました。 入院した当初は、意識もはっきりしていたのですが、意識障害が進み、ある日、天井を見つめたまま動かなくなりました。 家族は悲しみ、私の主治医に訊きました。 「この病気は治りますか?」と。 私の主…

【子供の熱性痙攣】看護師さんは「私も親だから気持ちが分かるよ!頭の中が真っ白になっちゃうよね。」と声をかけてくれ、私の怖かった気持ちに寄り添ってくれました。

私には、1歳の子どもがいます。 私は育休明けで仕事復帰したため、子どもが10ヶ月の時から保育園に預けました。 その時は、私の子どもはまだ後追いが激しく、家の中でもいつでも私についてきていたので、保育園に預けるとずっと泣いていました。 最初のうち…

【原因不明の呼吸困難】一人の患者のために調べてくださった医師の姿に、これこそ本当の医師だなと痛感しました。

私が18歳の時でした。音楽系の大学に通っていたため、その日は大学の遠征演奏会があり、田舎へ巡業に行っていたためホテルに宿泊していました。 皆で食事を終えて、若さゆえ、調子に乗って数人の友人たちと鬼ごっこをして廊下を走ったあと、友人に顔と腕を蚊…

【妊娠悪阻、掻爬手術、そして命の誕生】妊娠、出産、産後で関わって頂いた医師の先生、助産師さん、看護師さんには、今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

私は子どもが2人います。 どちらの子も妊娠した際にはひどい悪阻(おそ)になりました。妊娠悪阻です。 体質的なこともあるのでしょう。 藁をも掴む思いで、つわりに効くと言われていることは全て試してみましたが、全く効きませんでした。 点滴をして命を繋…

皮膚科の医師から「アトピー、喘息、食べ物アレルギー、蕁麻疹、目眩…あなた何重苦なの?大変ね~(笑)」と言われますが、「でも好きな事出来てるのでいいんです!」 と笑顔で言えるようになりました。

私は子供の頃からアレルギー体質で、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、喘息などを抱えていました。 アレルギーを抑える薬を服薬していても、ここ数年その症状が酷くなっていました。 自分でも「自分の体が何かおかしいな?」と感じていました。 そしてと…

【胃カメラでのえずき】無痛胃カメラの話を思い出しては、あの時の医師の先生と優しくしてくださった看護師さんに心の中で「ありがとうございました」とつぶやくのです。

私は若いころからずっと胃がとても弱い体質で、胃薬も手放せず、しょっちゅう消化器科のお世話になっていました。 おまけにとてもえずきやすく、健康診断でバリウムを飲むのも困難で、人の倍以上の時間を掛けなければならないほどでした。 それでも検査は毎…

【妊娠中の尿管結石】「尿管結石の妊婦さん」として私はちょっぴり有名人になりました。

妊娠7ヶ月の頃、尿管結石になり入院しました。 胎児への影響を考えて強い薬が使えず、弱い薬で痛みを緩和することしかできませんでした。 時には薬が効かないこともあり、痛みに耐えることもありました。 健康そのものだった私は、入院経験は出産の時のみ。 …

【3歳で急性リンパ性白血病】息子は高校生になりましたが、看護学生さんからいただいた犬の可愛い置物は、今でも大切に机の上に飾ってあります

息子が4歳の誕生日直前に、急性リンパ性白血病になりました。 突然の入院で、まさか我が子がそんな大きな病気になるとは思ってもいませんでした。 2歳になる弟もいましたが、入院する息子にはずっと付き添わなければいけないので、ママっこでまだ母乳も飲…

もしあの時、精神科の医師の先生に話を聞いてもらえなかったら、私は、夫と別れられずにいました。

私が、夫と離婚をしようと決めた頃の話です。 私の夫は借金、隠し子、浮気、人を脅したりと、色々な問題を抱えていました。 それが私にバレ出した頃、私が夫の行動や言動に異常を感じて、精神科に相談した時のことです。 精神科に受診に行く事はとっても恥ず…

くも膜下出血後、植物人間状態だった叔母を見ながら、苦しくて辛くて悲しい毎日でしたが、ICUの看護師さん達のおかけで、私たち親族はみんな気力を取り戻すことができました。

私が体験した医療職から受けた嬉しい体験談についてです。 「嬉しい体験」というよりも「感謝の気持ち」の方がはるかに上です。 昨年夏の終わり頃、叔母がくも膜下出血にて救急搬送されました。 8時間以上にも及ぶ大手術の中、集まった親族達は浮かない顔を…

【結婚式直前の絶望】看護師さんから、女の人は辛い思いをしても負けてはいけない。前を向かなければいけない。笑っていないといけない。元気でないといけない。長生きしないといけない。太陽でないといけない。そんな本当に前向きな話を、たくさんたくさんしてもらいました。

自分自身が入院した時の出来事です。 結婚し、忙しく過ごす毎日で、入籍はしていましたが、結婚式はまだ行っておらず、あと一週間で挙式というタイミングでの出来事でした。 普段と変わらない生活をしている中、なぜか急に体調が悪くなりました。 もちろん、…

入院しなさいと言ってくれて、泣いていたらティッシュをくれて、麻酔で意識がなくなるまで手を握ってくれて、元気になって良かったと笑ってくれた。そんな小さくて美人な医師の先生の『大丈夫だから』だけで、こんなにも安心して過ごせている自分がいます。

朝と夜だけ高熱がずっと下がらず、仕事に支障が出て来てしまいました。 病院へ行ったところ、夏風邪だと言われ、解熱剤をもらいました。 しかし、熱は少しは下がるものの、薬を飲まなければ38度を軽く越えてしまうので別の病院へ。 二件目の病院では、脱水だ…

今もし、お世話になったお医者さん、看護師さん、リハビリ担当者さんにお礼が言えるとしたら、「私の今の健康があるのはあなたたちのおかげです」と胸を張って言いたいです。

私が小学生の頃、校庭で腕の怪我をしてしまい、検査の結果手術が必要になってしまいました。 小学生ということもあったのですが、初めての手術で、入院も初めてだったので、とても不安でした。 毎日のように、母親は来てくれていましたが、どうしても心細か…

【卵アレルギーでアナフィラキシー】医師と看護師さんが「娘ちゃんは大丈夫だから落ち込まないで、笑顔でいてあげて!」と励ましてくれました。

【卵アレルギーでアナフィラキシー】あの時、母親の勘を信じて行動し、医師の先生と看護師さんに出会えて、本当に良かったです。 現在6歳、幼稚園年長の娘がいます。 娘は、卵アレルギーを持っています。 離乳食の頃に数グラムでアナフィラキシーになり、救…

【常位胎盤早期剥離で緊急出産】助産師さんが左手をギュッと掴んで一言「大丈夫だよ。一緒についてるから。頑張ろう」 と声をかけてくれました。

初産で妊娠35週の時、家で陣痛がきて大量出血しました。 すぐに救急車で総合病院へ搬送され、そのまま出産となりました。 常位胎盤早期剥離というもので、胎盤が剥がれ、母子ともに危険な状態だったことを出産のあとに聞きました。 最初は、産科の先生がエコ…

【精神病院の医師】主治医の先生の惜しみない支援のおかげで、自分の中に立ち込めていた暗雲があっという間に晴れていくような気がしました。

仕事のストレスとプレッシャーで、うつ病になり休職することになりました。 1年以上、会社を休職して、心療内科クリニックで通院治療をしていたのですが、症状に波があり、なかなか改善しない状況で、当時の主治医の強い勧めで、転院し、精神病院に3か月入…

ぐっすり眠れたのが久しぶりのことだったので、そっと寝かせておいてくれた医師の先生や看護師さんに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

今年に入ってから風邪で体調を崩すことが増えました。 初めての子育てに慣れ始めてきた頃です。 4月から仕事にも復帰し、調子がつかめてきた矢先に、また風邪をこじらせました。 咳がひどく続き、季節の変わり目だし、きっといつもの感じだろうと思って病院…

うつ病で、相手が医師であっても話をするのが苦痛だった私に、精神科医の女医さんは面倒くさがることもなく、いつも真剣に接してくれていました。

うつ病と社会性不安症を長く患っている私は、自分から見ても扱いにくい患者でした。 相手が医師であっても話をするのが苦痛だった私に、精神科医の女医さんは面倒くさがることもなく、いつも真剣に接してくれていました。 薬が効かなかったり、改善の為の試…

【糖尿病で教育入院】「え?あのお医者さんはそれだけのために、出張後に病院に来てくれたのか」そう思った瞬間、涙腺が刺激されるのを感じました。

私はかつて心臓に異常を感じ、救急で診療を受けたことがあります。 その時に心臓の診断と共に、医師から糖尿病であることを告げられ、糖尿病の先生に診ていただくことになりました。 改めて内科で検査を受けた結果、かなり状態が悪く、治療を継続的に行って…

【運動療法】心療内科の医師の先生のおかげで、私を悩ませていた不眠症状は改善していきました。

私は、30代前半の頃から、仕事のストレスと、プレッシャーで、夜、眠りにくくなりました。 とにかく、寝つきが悪く、布団に入っても、3時間ぐらいは眠れませんでした。 心療内科を受診していましたが、症状は良くならず、「こんなにたくさん薬を飲んで、大丈…

小児科の医師や看護師さんの「うんうん、大変だったね。」「もうしばらくしたら子どももよくなるし、心配いらないよ」「そんなに頑張らなくてもいいよ」 という言葉ですごく救われました。

子どもが1歳の頃、発熱や病気などで小児科に頻繁に通っていました。 家から近い小児科でしたが、とにかく人がいつもいっぱいで予約がなかなか取れず、朝一で予約を入れようと思っても予約が取れず、夕方にようやく予約が取れるというような状況でした。 その…

【産婦人科の女医】女医さんに女性目線のアドバイスを頂いたことや、お気遣い頂いたことが、妊婦として、同じ女性としてなによりも嬉しかったです。

出産時に通った産婦人科で、お世話になった担当の女医さんの話しになります。 初めての出産だったため、大きな病院の産婦人科を選び、医師の先生もたくさんいましたが、受診した際の曜日で担当の医師が決まり、その後、出産までの私の担当の医師となりました…

【白血病の薬】医師が必死で見つけてきてくれたお薬のお陰で、私の母は余命2~3か月の命を、1年半まで持たすことが出来ました。

私の母の話になりますが、白血病を患い入院した時の事です。 最初の突然の高熱がでて、自宅で看病していましたが、あまりにも続くので病院に入院して検査をすることになりました。 最初の病院では、いくつもの検査をしましたが、これと言って原因がわからな…

【心療内科の医師のカウンセリング】「お医者さんが私の話を親身になって聞いてくれた。そして自分のこれからのあり方を教えてくれた。すごく有り難い人だ。」 と言って泣き崩れたのです。

私の友人は、人間関係に嫌な思い出があり、鬱状態になってしまいました。 彼は今も心療内科の病院に通っています。 彼は心療内科に行った際、あまりにも精神的に不安定だった為、違う心療内科に入院しました。 その入院した心療内科で、彼は他の入院患者から…

外科医の先生、看護師さんや、医療コーディネーターの方々も忙しい中、面倒に思わずに丁寧に対応して下さり、心より感謝を伝えたいです。

友人の体験談です。私達はある信条により、輸血を伴う治療に制限があります。 友人は歩いている時に転倒して肩の筋を断裂しました。 治療は手術です。 輸血を伴う可能性の高い手術ではありませんが、病院によっては緊急の時に輸血を施す旨の書面にサインが必…

ニキビであまりに酷い顔の状態に落ち込んでいましたが、よいお医者さんと薬に出会えて、その後の生活に心の余裕が出来ました。

皮膚が誰よりも状態が良くなくて、悩んでいた中学生の時でした。 ホルモンバランスの変化によるニキビは、中学生の女の子にはつきものですが、私の場合は本当に酷くて、顔が赤く腫れ上がるほどの酷さでした。 1度、父もあまりに心配して、薬局で市販の薬を買…