ここぴたる!

医療・介護職のやりがい・ありがとうエピソード集

看護師のエピソード集

助産師さんが 「赤ちゃんを想って泣いているあなたはもう立派なお母さん。自信をもって。きっとかわいい赤ちゃんが産まれるよ」と言ってくれました。

昨年、切迫早産で三週間入院していた時のことです。 慣れない入院生活、点滴の副作用の嘔吐でろくに食べれないご飯のことなどでストレス満載でした。 副作用のひとつに寒暖差もあり、さっき暑いからと脱がせてもらった服を二十分後は寒いからまた着させてく…

【子供のRSウイルス】その看護師さんは、わたしに「ナースコールを押してくれてありがとうございました。」と笑顔で言ってくれたのです。

生後1ヶ月の次男がRSウイルス感染で入院したときのことです。 数日前から鼻水が詰まって息ぐるしそうでした。 次男の風邪症状が出る2週間ほど前から、長男が風邪をひいていました。 次男の症状も長男の時と同じで、鼻水は白っぽくて、熱も微熱程度で、大した…

子供が泣いていたりすると、どうしてもうるさいなぁという顔をされてしまう事が多かったので、看護師さん達の対応に救われました。

耳鼻科での事です。 私の子供が、まだ5歳くらいの時の話してすが、耳が痛いと言うので、耳鼻科に連れて行きました。 いつも行っている耳鼻が休みだったので、昔からある、少し古びた感じの耳鼻科に連れて行きました。 私も小さい頃は、お世話になった所です…

恋?とまではいかないかもしれませんが、看護師さんにかなりの好意を持っていたに違いありません。淡いたった一回のデートの話を父は大切そうにいつも話してくれました。

父の話です。 父は、ギャンブル好きの大酒飲みでした。 港町に住んでおり、いわゆる漁港での市場ではたらいていました。 気難しく、頑固な性格で、母を困らせてばかり。 そんなある日、体調をくずし、近くの病院に受診しました。 どうやら肝機能が異常値をだ…

本当に大切なことを気づかせてくれた看護師さんには感謝してもしきれません。本来の入院の目的を忘れてしまう程にとても素晴らしい人に出会えたと思います。

今年に入り、原因不明の微熱と吐き気が続くようになり、なんとなくダルさもあり疲れも取れず近医を受診することにしました。 近医でできる限りの検査を行い、検査結果に異状が見られず、原因も分からなかった為、隣県の総合病院へ紹介状を書いてもらいました…

【妊娠中の子宮頸がん】婦人科の看護師の友人の「大丈夫」のおかげで、私は今日もしっかり生きていて、子宮頸管は手術でなくなってしまったけれど、その後、無事に三人目の出産もできました。

自らの話です。私には三人の子供がいます。 妊娠出産は、私にはものすごく苦労があり、三人三様のドラマがありました。 いろいろあるのですが、この度は二番目の長男を出産した時のエピソードです。 一番上の子の時にたくさんのママ友をつくりました。 毎日…

【子供の熱性痙攣】看護師さんは「私も親だから気持ちが分かるよ!頭の中が真っ白になっちゃうよね。」と声をかけてくれ、私の怖かった気持ちに寄り添ってくれました。

私には、1歳の子どもがいます。 私は育休明けで仕事復帰したため、子どもが10ヶ月の時から保育園に預けました。 その時は、私の子どもはまだ後追いが激しく、家の中でもいつでも私についてきていたので、保育園に預けるとずっと泣いていました。 最初のうち…

看護師という仕事は特殊な仕事であり 心も体もとても疲れる仕事です。しかし、それ以上に患者さん・ご家族からの感謝に助けられる素晴らしい仕事です。

私は30歳、男で看護師をしています。 今回は同業である先輩看護師さんから受けた、嬉しい体験談をお話しさせていただきます。 私は現在、看護師8年目になります。 看護師の世界では中堅で、新人や2、3年目を教える立場にいます。 私が看護師を目指すきっかけ…

【助産師と看護師の出産サポート】痛みで呼吸法ができずにいると、看護師さんに 「◯◯さん、しっかりしなさい」 とピシャリと言われました。

私が初めて出産をした時の話です。 本やネットでは、色々と陣痛や出産時についてのことを調べていたつもりで、それなりに覚悟もしていたつもりでした。 しかし、いざ予定日を迎えても陣痛が来ず、不安な日々を過ごしていました。 予定日から6日目の夜、急に…

【神経内科の看護師】同じ医療者ですが、私は神経内科の病棟で働く看護師の先輩に勇気をもらっています。

私は看護師をしています。 神経内科病棟で働いていた時のことです。 神経内科病棟は本当に特殊な科です。 いわゆる難病を扱う病棟になります。 いろいろな難病があり、それぞれに症状が違ってくるので、病気が診断されると、その病気の特徴をよく把握し、ど…

【髄液検査で穿刺】看護師さんのさりげない優しさを感じ、入院先がこの病院で良かったと思いました。

強い痛みと熱が1週間以上続き、救急や外来で何度も画像検査や血液検査、尿検査など、様々な検査をしました。 しかし、異常が見られず、結果的にわかりませんでした。 また薬を服用しても、症状が一向に改善しなかったこともあり、再受診した際に、炎症反応を…

その小児科は、いつ行っても子どもにも優しく声を掛けて下さって、とても気持ちがいいです。他の方にもオススメしたい小児科です。

子どもの体調不良で、小児科を受診した時の事です。 当時、6歳と2歳の子どもを一人で病院に連れて行きました。 具合が悪かったのは上の子で、下の子は特に体調も悪くなく元気な状態でした。 風邪等が流行っている時期でもあり、病院はかなり混雑していて、駐…

同じ看護師として、今後自分自身が転職するなら、こういった最期のお別れの瞬間まで、しっかりと行うことができる病院が良いなと思いました。

私の祖父は、肺炎で半年ほど入院をしていました。 認知症も患っていたため、自己決定能力はなく、もう口から食事をとることは難しいと言われた時は、胃ろうをするかどうか、家族で悩みました。 しかし、その時はまだ会話が出来ていたので、胃ろうをすること…

【頸椎損傷でリハビリ】作業療法士さんや看護師さんのおかげで、現在父は家の中では車いすを使わず、住宅改修で家に付けた手すりを伝って、自力で歩いてお手洗いに行けますし、着替えも自分でできています。

私の父が、10年ほど前に不慮の事故で、頸椎を損傷した時のことです。 事故直後に運ばれた大学病院で、約7時間の大きな手術を受けました。 医師の先生からは 「今後は車いすの生活になるでしょう」 と説明があり、私たち家族としては絶望しながらも、父を支え…

【胃カメラでのえずき】無痛胃カメラの話を思い出しては、あの時の医師の先生と優しくしてくださった看護師さんに心の中で「ありがとうございました」とつぶやくのです。

私は若いころからずっと胃がとても弱い体質で、胃薬も手放せず、しょっちゅう消化器科のお世話になっていました。 おまけにとてもえずきやすく、健康診断でバリウムを飲むのも困難で、人の倍以上の時間を掛けなければならないほどでした。 それでも検査は毎…

医師の先生は、白衣まで脱いで、子供の不安を少しでも拭ってくれようとしてくれました。

私と息子が、公立の病院で受けた事柄です。 救急担当の受付の方、当直医、看護師さんには、心から感謝しています。 我が子はまだ 1歳です。 急に、夜中に40度の高熱を出しました。 身体中、真っ赤になり、ぐったりして、普通ではない状態でした。 とにかく、…

【妊娠中の尿管結石】「尿管結石の妊婦さん」として私はちょっぴり有名人になりました。

妊娠7ヶ月の頃、尿管結石になり入院しました。 胎児への影響を考えて強い薬が使えず、弱い薬で痛みを緩和することしかできませんでした。 時には薬が効かないこともあり、痛みに耐えることもありました。 健康そのものだった私は、入院経験は出産の時のみ。 …

【胎児発育遅延で579gで出産】看護師さんが、赤ちゃんが小さく産まれたことの不安をすべて聞いてくれました。

私は妊娠6ヶ月のころに胎児発育遅延と診断され、通っていた産婦人科から大学病院へ転院となりました。 原因は不明で、自宅安静をするしかなく、毎日不安との戦いでした。 胎児の発育は通常に比べ遅れてはいるが、ほんの少しずつ成長はしていたため、定期的に…

【美容クリニックでヒゲ脱毛】長年の髭の悩みや入店時の緊張が、その看護師さんの笑顔で吹き飛びました。

私はもともと髭が濃く、学生時代の頃からヒゲ脱毛に通いたいと考えていました。 しかしヒゲ脱毛はあまりにも高く、学生をしている私からしたら、バイト代が全てなくなってしまうくらいでした。 学生時代はお金ないが、時間はあったため、私はヒゲを抜くとい…

私に気付いてくれた看護師さんは、ずっと側に寄り添ってくれて、「大丈夫だからね。心配ないからね。」と手を握り励まし続けてくれました。

今から17年前に、病院で盲腸の手術を行いました。 私自身体がかなり大きいため、通常手術ではなく内視鏡による手術にて、盲腸の摘出手術をして頂きました。 無事に手術が成功し、1週間程の入院で、退院することが出来ました。 それから半年程は体の調子も良…

【3歳で急性リンパ性白血病】息子は高校生になりましたが、看護学生さんからいただいた犬の可愛い置物は、今でも大切に机の上に飾ってあります

息子が4歳の誕生日直前に、急性リンパ性白血病になりました。 突然の入院で、まさか我が子がそんな大きな病気になるとは思ってもいませんでした。 2歳になる弟もいましたが、入院する息子にはずっと付き添わなければいけないので、ママっこでまだ母乳も飲…

米軍基地で働いていましたが、この入院がきっかけで退職をし、資格学校に通い、医療事務の資格をとりました。そして今、その病院で勤務しています!!

私が盲腸になって、入院したときのことです。 初めての入院と言うことと、手術を初めて受けると言うことで、すごくすごく不安で、初日の夜は寝ることができませんでした。 ですが、夜勤の看護師さんが不安を和らげるために、担当医の人柄や腕のよさ、ご自身…

くも膜下出血後、植物人間状態だった叔母を見ながら、苦しくて辛くて悲しい毎日でしたが、ICUの看護師さん達のおかけで、私たち親族はみんな気力を取り戻すことができました。

私が体験した医療職から受けた嬉しい体験談についてです。 「嬉しい体験」というよりも「感謝の気持ち」の方がはるかに上です。 昨年夏の終わり頃、叔母がくも膜下出血にて救急搬送されました。 8時間以上にも及ぶ大手術の中、集まった親族達は浮かない顔を…

私の看護師になるという気持ちはより大きくなり、高校受験に向け勉強に力を入れ、大学受験も将来の夢を叶えるために必死に頑張りました。

幼い頃にジャングルジムから転落し、左腕を骨折して入院したことがありました。 その時は、本当に痛くて、泣くことしかできなかったです。 よく見ないとわからないですが、今も左腕に、ボルトを入れていた跡が残っています。 幼い頃なので、もちろん母親が、…

【親元を離れて長期入院した高校生】看護師さんは、私の気持ちを落ち着かせてくれて、いつも心の支えになってくれた人。家族ではないけれど、私にとって本当の家族のような存在になっている方です。

病院に長期入院していた頃の話です。 高校時代に親元を離れて長期入院しなければならなくなった私は、高校生にもかかわらず、すごくホームシックにかかってしまいました。 夜な夜な泣いて、ベッドの枕を濡らしたのを覚えてます。(お恥ずかしい話ですが…汗) …

今もし、お世話になったお医者さん、看護師さん、リハビリ担当者さんにお礼が言えるとしたら、「私の今の健康があるのはあなたたちのおかげです」と胸を張って言いたいです。

私が小学生の頃、校庭で腕の怪我をしてしまい、検査の結果手術が必要になってしまいました。 小学生ということもあったのですが、初めての手術で、入院も初めてだったので、とても不安でした。 毎日のように、母親は来てくれていましたが、どうしても心細か…

【神経難病】ご家族は患者さんのそばで、患者さんに思い思いのことを話し、手をさすり、最期の時までの時間を過ごされました。

私は現在、内科病棟の管理者の看護師として勤務しています。 今の病棟に配属になり約1年が過ぎますが、その患者さんは、私が今の病棟に配属になったちょうど1年前、退院した患者さんでした。 まだ若い患者さんで、奥さんも子供さんもいました。 神経難病とい…

【急性胃炎で入院】看護師さんが、医療以外のところでも面倒を見て下さったので、本当にありがたいと感じました。

その日はなんだか朝から体調が優れず、急遽有休をもらって会社を休みました。 「連日の仕事の疲れがたまっているのだろう」 くらいにしか思っていませんでした。 夜になっても体調は良くなりませんでしたが、急に胃の辺りに激痛が走りました。 経験したこと…

小児科外来の看護師さんが、帰宅の為に通りかかり、私を見てすぐに駆け寄ってきて下さいました。そして息子を抱きかかえて下さり、車まで連れて行って下さいました。

息子が6歳の時のことです。 大学病院の小児科で脳波の検査を受けました。 年齢的にじっとしていることが難しいため、お薬を飲んで眠った状態で検査を受けました。 検査後も息子はぐっすりと眠っており、車いすに乗せて院内を移動して診察室や会計へ行きまし…

怒ってばかりだった患者さんが、看護師の私の手を両手でしっかり握って、「ありがとう」と言ってくださいました。

【看護師のやりがい】最初の怒ってばかりの女性が、最後には優しい笑顔を見せてくれました。 私が看護師として勤務する病院の患者さんの中には、横柄な態度をとる患者さんもいらっしゃいます。 ある時、私が担当した患者さんは70代の女性でした。 その方は、…