ここぴたる!

医療・介護職の「ありがとう」エピソード集

看護師のエピソード集

陣痛の合間合間で助産師さんがかけてくれる言葉に、守られているような気持ちになり、とても心強く思いました。

私がある助産師の方から受けたケアで、とても嬉しかった体験談をお話させていただきます。 私は、20歳の時に妊娠、出産しました。 今や10代での妊娠も珍しくなく、若いお母さんは世の中にたくさんいると思いますが、当時私の周りにはそんな友人はおらず…

【毒親に悩まされ】保健室の看護師さんに「よし!じゃあ思いっきり泣いていいよ」 と目の前にティッシュ箱をドーンと出されたことがとても印象に残っています。

家庭環境のことで胃潰瘍になる手前まで悩みすぎていた時に、学校の保健室に気付いたら足を運んでいました。 わたしの話を聞いて下さったのは、市内の病院から来ていた看護師さんで、 「毎日お腹が痛く下してしまう」 ということを伝えると、市内の病院をいく…

理学療法士さんが、自宅の環境を把握して、私たちの負担を減らそうと努力してくださっているのが伝わってきました。

ひいおばあちゃんが自宅で転倒し骨折したため、病院へお見合いに行った時の話です。 いつも優しく、穏やかであるひいおばあちゃん、私はひいおばあちゃんの事が大好きだったので、入院の知らせを受け慌ててお見舞い行きました。 そこで1人の看護師さんに病状…

【運動療法】心療内科の医師の先生のおかげで、私を悩ませていた不眠症状は改善していきました。

私は、30代前半の頃から、仕事のストレスと、プレッシャーで、夜、眠りにくくなりました。 とにかく、寝つきが悪く、布団に入っても、3時間ぐらいは眠れませんでした。 心療内科を受診していましたが、症状は良くならず、「こんなにたくさん薬を飲んで、大丈…

小児科の医師や看護師さんの「うんうん、大変だったね。」「もうしばらくしたら子どももよくなるし、心配いらないよ」「そんなに頑張らなくてもいいよ」 という言葉ですごく救われました。

子どもが1歳の頃、発熱や病気などで小児科に頻繁に通っていました。 家から近い小児科でしたが、とにかく人がいつもいっぱいで予約がなかなか取れず、朝一で予約を入れようと思っても予約が取れず、夕方にようやく予約が取れるというような状況でした。 その…

【白血病の薬】医師が必死で見つけてきてくれたお薬のお陰で、私の母は余命2~3か月の命を、1年半まで持たすことが出来ました。

私の母の話になりますが、白血病を患い入院した時の事です。 最初の突然の高熱がでて、自宅で看病していましたが、あまりにも続くので病院に入院して検査をすることになりました。 最初の病院では、いくつもの検査をしましたが、これと言って原因がわからな…

【脳腫瘍で入院】看護師さんは 『聴覚は最後まで残ると言われています。奥さんの声が聞こえたんですね』 と言ってくれました。

母の姉の旦那さんは、脳腫瘍がみつかり、脳腫瘍を専門的に治療できる病院に入院することになりました。 脳腫瘍の位置が手術できるところではないとのことで、内服と抗がん剤治療しかできることはないと言われたそうです。 本人は腫瘍が意識をつかさどる中枢…

【高校生の甲状腺の腫瘍】ナースの方は、仕事をこなしただけかもしれませんが、ふさぎこんでいた私の心を一番癒してくれました。

私の甲状腺の病気が表われたのは、6年前の高校生の時でした。 女の子なのにしこりのようなものが首にできていました。 その時は大したことないと思っていたのですが、4年前の正月に、小児科医のいとこに、首にのどぼとけの大きさのものがあると言われ、一度…

【最後の入浴介助】患者さんは 「気持ちが良い…気持ちが良い…ありがとうね」 と笑顔で言ってくれました。看護師の私たちは思わず涙がこぼれました

私はその時、看護師1年目でした。 配属された病棟には、前立腺癌の末期の高齢の患者さんが入院していました。 昔気質の頑固なおじいさんで口数も少なく、いつも黙ってベッドの上で天井を眺めていました。 でも、新人の私が点滴を持ってお部屋に行くと、注射…

【HIVに罹患】家族への告知など様々な問題が山積みになってどん底にいる中、看護師さんの対応に救われました。

私自身の体験談です。 私は現在看護師として救命センターで勤務しています。 あれは7年前の30歳の時でした。 私は2年間の間に帯状疱疹という疾患に3回も罹患しました。 3回目の帯状疱疹に罹患した時に、私の身体の中で「ただごとじゃないことが起きてい…

アトピーのように、自分のコンプレックスになってしまう病気に対して理解してくれ、私が自信を失うことがないようにいつでも気を配ってくれるこの看護師さんに、とても感謝しています。

私は小学生の頃から軽めのアトピーで悩まされてきました。 軽めなので、重度の患者さんのように、体中真っ赤で昼も夜もかきむしってしまうと言うわけではありませんでした。 それでもアトピーのせいで、全身脱毛ができなかったり、所々色素沈着があったり、…

その時、看護助手の私はこれ以上ない嬉しさを感じ、さっき怒られた事が吹き飛ぶくらい、笑顔になりました。

私は、精神科の看護助手として働いて2年くらいになります。 入った当初。私は精神科とはどんな場所なんだろう?と少し不安になりました。 上司の方からも「あまり患者には関わるな。」と言われ、私は上司の言い分のとおりに患者様にはあまり関わらず、自分の…

娘がお空に戻ってから、今私は集中治療室の看護師として、あのとき娘の写真を撮ってくれた看護師さんのように、心にそっと寄り添える看護を目指して働いています。

初めての妊娠、出産でした。 妊婦健診では、「赤ちゃん小さめだね。」と産科の先生から言われていましたが、それ以外は順調でした。 逆子が治らず、39週の正期産で帝王切開になりました。 赤ちゃんがお腹から出された後、頭上にいる麻酔科の先生が呟くように…

看護師さんのその一言で、不思議なことに友人はだんだんと落ち着いていったのです。

私と友人でお出かけしていた時のことです。 いきなり友人が体調を崩してしまったのです。 私は焦りながらも救急車を呼ぶことにしました。 正直付き添いというものは初めてで一体どうしたらいいのか、どのように声をかけてあげればいいのか分からず一人で焦っ…

助産師の私への感謝の言葉が綴られていたこの手紙は、私にとって一生の宝物となっています。

私は公立病院の産婦人科で助産師として勤務しています。 そして、今までに約800件の分娩に関わり命の誕生に立ち会ってきました。 当たり前の事ですが分娩の経過は一人一人異なります。 病院に到着後すぐに分娩になる人もいれば、3日3晩陣痛に耐えてようやく…

【不妊治療】現在5歳と2歳の娘に恵まれ、看護師さんに「数年前あなたに助けられ、今は幸せに子育てしています!」 と感謝の気持ちを伝えることもできました。

今から8年前に不妊治療の末にどん底を経験しました。 その時の看護師さんからの言葉が嬉しく、未来を明るくしてくれ、今も感謝しています。 主人と結婚したのは10年前です。 当時24歳の私と主人は、それほど子供を持つことに憧れはありませんでした。 しばら…

医師の先生から「必ず貴方の喘息を治します」と言われて、私はその言葉に嬉しさを覚え、涙が出てきました。

私は子供の頃から喘息持ちで何度か入院を経験しています。 約5年前の話ですが、20代になってまもない頃、あまりの息苦しさに病院へ行きました。 診断は中度の喘息と診断され5日間の入院を余儀なくされました。 部屋は自分の勝手ながら一人部屋にしてもら…

看護主任、心療内科医、新しい主治医、インターンの先生、そして、担当の男性看護師さん。 全ての方に、感謝を捧げるつもりで、この文章を書きました。

うつ病との診断で、その薬を飲み、1人暮らししていた時です。 仕事のストレスが高まる度に、心療内科に通い、うつ病の薬を増量してもらっていました。 そんな状態が極限まで高まると、自分の中に、自殺したいという欲求が生まれ始めたのです。 最初の日は、…

手術の前、看護師さんが「安心して休んでください。みんなで守りますから。」 と激励の言葉をかけてくれ、左手を両手で握りしめてくれました。

・山中での滑落事故 私は仕事中に山での滑落事故によって右足首を骨折し、手術を受けることになりました。 手術は全身麻酔ではなくブロック麻酔で、意識もはっきりとした状態での手術でしたので、少々体制が窮屈な状況を我慢していなければなりませんでした…

外来にいた助産師さん、2人の子供を取り上げてくれた助産師さん、お二人がいなければ私は2人目の子供を作ろうとは思えませんでしたし、陣痛にも1人では耐えられなかったと思います。

・2人の子供を同じ病院で出産 2人の子供を同じ病院で出産いたしました。 何もわからない第一子出産時に、まだ新人の助産師が取り上げてくれました。 隣にはベテランの助産師も一緒にいてくれました。 痛みと疲れでぐったりしていた私に、お2人がずっと励ま…

医師の先生から「今までよく頑張ったね」「女の子なのに辛かったね」「絶対に綺麗に治せるからね」と温かい言葉をかけていただきました。

・ニキビで悩んでいました 私は、中学生の頃から顔のニキビが酷くて悩んでいました。 親もひどかったので、遺伝だと思います。 中学生のころは、深刻に考えずに、その場しのぎで自分で引っ掻いたり潰したりしてしまったせいで、ニキビ跡も多くあるようになっ…

理学療法士さんとの会話が楽しかったみたいで、次第に毎日のリハビリを心待ちにするようになりました。

【理学療法士のエピソード】危険な状態に陥った祖父ですが、理学療法士さんとによるリハビリのおかげで、車いす生活ですが自力で御飯を食べることができるまでになりました。 ・理学療法士さんが、病室にて和やかな雰囲気を作ってくださいました。 祖父が昨…

【看護師のやりがい】退院される日にちょうどお休みだった私に、安心して入院生活を送ることが出来たといった内容の手紙を残していってくれました。

【看護師のやりがい】看護師は、患者さんの笑顔に支えられ、自分も笑顔になる事が出来る素晴らしい仕事だと思います。 退院される日に手紙を残していってくださいました。 循環器内科は心不全など重症な患者さんも多く、毎日心臓カテーテルやアブレーション…

嫌がるそぶりを見せるどころか素敵な言葉で励まして導いてくれた助産師さんに本当に感謝しています。

助産師さんに感謝を伝えたい。 私が感謝を伝えたいのは、第二子を出産するときにお世話になった助産師さんです。 第一子のときは、陣痛開始から出産までが7時間と比較的早く、さらに、強い陣痛が来てからは2時間ほどで産まれたこともあり、第二子出産時には…