ここぴたる!

医療・介護職の「ありがとう」エピソード集

助産師さんに『ママが元気なら赤ちゃんも元気に育つし、ママが不安だったら、赤ちゃんもなんでママ泣いてるのー?ってなるから入院中は何でも話してね』 と言われ、心が軽くなりました。

f:id:cocopital:20180808173215p:plain

私は、今二人の女の子の親をしており、二人とも同じ産婦人科で出産しました。

 

わたしの住んでいるところは、産婦人科が総合病院にしかなく、相部屋と知り、里帰り出産する予定もしていたので、実家からも義実家からも嫁ぎ先からも来れる距離の、都会の産婦人科に決めました。

 

そこは、完全個室でプライバシーもバッチリで、すぐ気に入りました。

 

通院中は、体重管理や食事管理、服装やいろいろ指導がしっかりしていたので、『正直キツいな‥』と思う時もありました。

 

ですが、院長先生も優しく、お産までお世話になることにしました。


妊娠後期になれば、NST検査もあり、助産師さんと話す機会も増え、あえて育児書を読まなかった私は、妊婦の常識みたいなことも、ガンガン質問していました。

 

でも、呆れることもなく、丁寧に指導してくださり、また、中には出産を経験されている助産師さんもいらっしゃり、心強かったです。


特に上の子の時は、何もかも初めてだったので、入院グッズも何度も聞いたりして、今思えば業務の邪魔してなかったかしらと心配です。

 

でも嫌な顔せずに答えて頂き、本当にうれしかったです。


下の子のお産の時は、おしるしが出て病院に義両親に送っていただいたとはいえ、お産控室に義両親が今か今かと出産の瞬間を待ち構えていたのですが、やはり気まずく・・。

 

その時に助産師さんが内診をするので、義両親に一旦退室するよう促してくれました。

 

その際に勇気を出して

『義両親がお産の瞬間を待ちわびていて、帰ってくれないのだがどうしたら良いか?』

と相談したところ、あっさりと

『まだ生まれませんのでお帰りください』

と伝えて頂き、大変助かりました。

 

実の親ならスッと言えるところをそこはさすがに言いづらく、でもそれを医療従事者の方に頼んでよいのかと悩みましたが、言ってみるもんだと思いました。


そこから、やはり肩の力が抜けたのか、陣痛もすすみ、主人が病院に到着するや否や、陣痛も最後の追い込みになりました。

 

分娩台に乗って30分から1時間ほどで、主人も立ち会いの中、無事生まれてきました。

 

予定よりスルスルと出てきたので、院長先生もびっくりされるほどのスピード出産でした。


お産を担当していただいた助産師さんも、何かのご縁なのか、上の子の時と同じ助産師さんで、ますます安心した中でのお産となりました。


お産直後は、上の子の時は血圧が150以上あり、面会も主人だけにしなさいと指導があったりしましたが、下の子の時は顔色も血圧も問題ないとのことで、産後2時間で分娩台から降り、病室に向かいました。


食事をとったあと、もよおしてきたので、個室内のトイレへ行きましたが、鏡を見たかと思いきや、目に映る景色がグニャリと歪み、貧血でトイレに倒れこみました。

 

主人も力がある人なので、持ち上げようとはしてくれましたが、私が力が入れられないので、持ち上げることができず、ナースコールをし、助産師さんに来て頂き、二人がかりで立たせて頂きました。


主人が帰った夜間も助産師さんにはお世話になりっぱなしで、おむつ交換や沐浴の指導は勿論、授乳の仕方も親身にご指導いただきました。

 

それと、毎朝寝起きに血圧測定に来られるのですが、その時になぜか無意識に涙がこぼれました。


何も悲しくないのに、なぜ流れてくるのかもわからず、理由を考えれば考えるほど止まらなくなり、ついには助産師さんを目の前に、個室をいいことにワンワン泣きました。

 

その様子も静かに見守ってくださり、

『泣きたいときは泣いてもいいのよ』

って言っていただき、よりホッとした覚えがあります。

 

大人になったら、泣くこともガマンしていたので、なにか自分のなかで泣きたいほどのことが、その時にあふれてきたのか、涙が止まりませんでした。


『ママが元気なら赤ちゃんも元気に育つし、ママが不安だったら、赤ちゃんもなんでママ泣いてるのー?ってなるから入院中は何でも話してね』

と言われ、心が軽くなりました。

 

仕事とはいえ、本当に親身に接していただき、とてもいい気分で退院したので、他人にもその産婦人科を紹介したくらいです。

 

人に寄り添える方って素晴らしいです。

 

・このエピソードをお寄せいただいた方

性別:女性

年齢:30代

お住まい:京都府南丹市

感謝を伝えたい方:助産師さん

 

エピソードをお寄せいただき、ありがとうございました!