ここぴたる!

医療・介護職のやりがい・ありがとうエピソード集

子供が泣いていたりすると、どうしてもうるさいなぁという顔をされてしまう事が多かったので、看護師さん達の対応に救われました。

f:id:cocopital:20180828000150p:plain


耳鼻科での事です。

 

私の子供が、まだ5歳くらいの時の話してすが、耳が痛いと言うので、耳鼻科に連れて行きました。


いつも行っている耳鼻が休みだったので、昔からある、少し古びた感じの耳鼻科に連れて行きました。

 

私も小さい頃は、お世話になった所ですが、耳鼻科は大人になってくると行く機会も減ってしまいます。

 

何十年か振りの来院です。

 

こんなにも古かったっけ?思いながら行きました。

 

夕方ということもあり、眠いのと耳が痛いのとで、車から降ろそうとしたら大泣きになってしまいました。


駐車場で、子供の泣きわめく声が、病院の中まで聞こえたのか、中から看護師さんが出てきてくれて、「大丈夫ですか?一緒に中に入ろうね~」と私と子供に話しかけてきてくれました。

 

病院の中まで聞こえていたのかと、恥ずかしさもありましたが、私だけではどうにもこうにも連れて行けなかったので、女性の看護師さんが来てくれた時には、とても嬉しかったです。


そこの病院は、昔からある所で、病院というより医院っていう感じです。

 

外観も新しくはなく、昔のままで中も昔のまま。

 

私が、小さい頃行った事がある医院と言いましたが、いつも混んでいる訳ではなく、どちらかといえば、人が居ない方なんです。


最近の病院は、インターネットから予約とか、予約していないと合間をみて診てくれるので、何時間も待たなくてはいけない所もあります。


そこの医院は、もちろん、そんな最新ではなく、お年寄りが多いので名前を書いて待つ感じです。

 

先生もお爺さん先生ですが、優しくよく診てくれます。


新しい耳鼻科が、多くなってきてそういう古い医院には足が遠退いてしまいがちでしたが、久しぶりに訪れてみて、やっぱり人が大切なんだなあと思いました。


駐車場から、医院の中に入るまで、その看護師さんが、私の子供に「耳が痛いんじゃ機嫌も悪くなるよね」と言いながら、泣き止ませてくれる感じで行きました。

 

中に入って、わたしが、

「すみません、外まで聞こえてましたかね?」

と他の看護師さんに言うと

「大丈夫ですよ」とにっこりしてくれました。


子供が泣いていたりすると、どうしてもうるさいなぁという顔をされてしまう事が多かったので、看護師さん達の対応に救われました。

 

子供が大きな声で泣いて愚図っているのも、体力的にも精神的にも参ってしまうので、看護師さん達の顔をみて、肩の力がスッと抜けたような、これでもいいんだと思えるような対応をしてくれました。


そこの耳鼻科は、私の家から少し遠いので、今は行っていませんが、こんな私でも優しくしてくれて、とても嬉しかったです。


病院は、外観が新しかったり、最新の機械があったりすると、行きたくなりますが、古い小さな医院でも、最新の設備もありますしね。

 

受付の人とか、やはり話しやすいとか、看護師さんが優しいとか、そういうのは重要になってきますね。


小さいお子さんがいる方は、子供が公共の場で大泣きしていると、母親はとても大変なんです。

 

回りからの目もありますし、自分も疲れて、もう帰っちゃおうかなと思ったりもしました。


もう少し近かったら、また行くかも知れませんが、あの日以来行っていません。

 

子供も、中耳炎とかになるのも少なくなってきましたからね。


あの時の事は、本当に有り難かったたですし、駐車場まで来てくれたということに感謝てすね。


子育ての最中は、色々な人の力を借りているんだなと思う出来事でした。

 

あれからもう何年も経っていますが、あの時の来てくれて良かった~という気持ちは、今も鮮明に覚えています。

 

泣いてしまう子供が多いのですかね?きっと、私の他にも声をかけてくださっているはずです。

 

いつも優しい看護師さん達なんだと思います。

 

 

・このエピソードをお寄せいただいた方

性別:女性

年齢:40代

お住まい:群馬県渋川市

感謝を伝えたい方:看護師さん

 

エピソードをお寄せいただき、ありがとうございました!