ここぴたる!

医療・介護職の「ありがとう」エピソード集

うつ病で、相手が医師であっても話をするのが苦痛だった私に、精神科医の女医さんは面倒くさがることもなく、いつも真剣に接してくれていました。

f:id:cocopital:20180826000826p:plain


うつ病と社会性不安症を長く患っている私は、自分から見ても扱いにくい患者でした。

 

相手が医師であっても話をするのが苦痛だった私に、精神科医の女医さんは面倒くさがることもなく、いつも真剣に接してくれていました。

 

薬が効かなかったり、改善の為の試みがうまくいかなかった時も、常に冷静で、何故うまくいかなかったのかを一緒に考えてくれました。

 

そんな女医さんのおかげで少しではありましたが、人と話をすることが出来るようになり積極的に外に出る事が可能になりました。

 

もともと高齢を理由に患者を増やさないと言っていたのに、私を診察してくれるようにしてくれたのにも、感謝と同時に何かの縁を感じています。

 

医療費控除の手続きをしたときも、障害者年金の申請をしたときにも、診断書を丁寧に書いてくれ、障害者年金の時には、社会保険労務士に対して決然と意見を述べてらしたのが、勇気を貰える事になったのを覚えています。

 

そんな先生が突然病気でクリニックを閉鎖することになってしまいました。

 

折角信頼できる医師の先生に会えたと思った矢先の出来事に、私はパニックを起こしてしまいました。

 

それでも何とか平静さを取り戻すことが出来たのは、日頃から医師の先生が言ってくれていた言葉のおかげだったと思います。

 

「薬で簡単に治るなら何も考えなくていいけど、それが無理ならどうやって苦痛を減らすかを一緒に考えましょう。」

その言葉が、医師の先生に頼るだけではなく、自分自身が頑張らねばいけない事を思い起こさせてくれました。

 

転院してからは、医師に何か相談しようとする気持ちは無くなりました。

 

それはおそらく自立できた部分からの発想なんだろうと思います。

 

精神病は確かに薬で完治する事もあれば症状がかなりのレベルで軽くなる事もあります。

 

しかしながらそれは全ての患者に対して共通に言えることではないのです。

 

医師に依存してしまうとうまくいかなかった時のショックが大きくなり、立ち直る事が難しくなってしまいます。

 

だからこそ自分で立ち向かう姿勢が必要になってくるのです。

 

その必要性を教えてくれたのが先生でした。

 

精神病の症状を経験したわけではないのだから、医師には患者の本当の辛さが分からないかもしれないのだけれども、それを知ろうとする努力をしてくれていたのもはっきりと感じられました。

 

そうやって患者の目線から考えてくれていたことが、私にとっての勇気に繋がったのです。

 

うつ病でモチベーションが極度に下がってしまうと、起き上がる事すら出来なくなってしまいます。

 

通院中にも何度か抑うつ状態になり、起き上がるのがかなり困難な時がありました。

 

そんな時にも何とか通院できたのは、先生に会いたいという気持ちがあったからなのです。

 

それが信頼からなのかもっと身近な感情なのかはよく分かりませんが、他の人には持てなかったものであることは間違いありません。

 

うつ病が長いせいで何かあるとすぐにどうでも良くなってしまうのですが、医師の先生との接点が出来たおかげで投げやりな気持ちを何とか修正する事が出来るようになれた気がします。

 

今、先生とお会いできなくなった状況でも何とか生きていられるのは、先生に対しての礼儀と言いますか、投げやりになってしまったら申し訳ないという気持ちからだと思います。

 

相談する事は出来ませんが、先生だったらなんと言うのかなと考えるだけで、挑戦してみる気持ちになれるのです。

 

自分の病気の事なのに、先生への思いが無ければ治療に行く事すら困難なのはとても恥ずかしくてもどかしいものです。

 

それでも今は先生に対しての恩返しの様な気持ちで治療を続けています。

 

直接お礼が言えないのなら、病気に対する姿勢が伝わってくれればと思うだけです。

 

感謝の気持ちを表すというより罪滅ぼしの様な感覚なのですが、先生に対する感謝の念は本物です。

 

・このエピソードをお寄せいただいた方

性別:男性

年齢:60代

お住まい:愛知県豊橋市

感謝を伝えたい方:医師

 

精神科の医師の先生とのエピソードをお寄せいただき、ありがとうござました!