ここぴたる!

医療・介護職の「ありがとう」エピソード集

【神経内科の看護師】同じ医療者ですが、私は神経内科の病棟で働く看護師の先輩に勇気をもらっています。

f:id:cocopital:20180809092227j:plain


私は看護師をしています。

 

神経内科病棟で働いていた時のことです。

 

神経内科病棟は本当に特殊な科です。

 

いわゆる難病を扱う病棟になります。

 

いろいろな難病があり、それぞれに症状が違ってくるので、病気が診断されると、その病気の特徴をよく把握し、どのレベルの、どの状態にあるのかを、スタッフみんなで把握します。

 

一番気をつけているのは、呼吸抑制による窒息です。

 

嚥下困難になりやすく、気道を塞ぐと命に係わる場合もあるため、日々の観察は大変重要です。

 

慢性疾患であり、経過が長いので、この職場を希望する看護師は少ないのが現状です。

 

正直、とてもつらい病気もあります。

 

全ての筋力が落ち、意思疎通は眼球だけ。文字盤を使い、目の動きだけで文字を追うことで会話をします。

 

急速に機能しなくなる身体を、患者さん自身なかなか受け止めることができません。

 

パニックになって怒りを前面に出す方もいらっしゃいます。

 

どうすることもできない苦しみ。

 

確率は低いですが、誰にでもなる可能性のある病気。

 

この病棟で、毎日このような患者さんと接していると、わたしなら、どうするのだろう、とよく考えます。

 

けれど、私は神経内科での看護師の仕事が好きです。

 

好きという表現はおかしいかも知れないけれど、難病という、治らない病気に対する看護の大切さを必死に考えます。

 

意識はしっかりしているのに、自ら動けないということのもどかしさと憤り。

 

けれど、毎日の看護の中で、信頼関係ができ始めると、ちょっとした目の感じや表情の変化で、患者さんの意思が伝わることがあります。

 

その時は、本当に嬉しいし、患者さんの負担が少しでも減ってよかった、と、達成感を感じます。

 

残された機能で精一杯生きようとしている患者さんに、私はただ毎日を少しでも明るく、楽しく、光を注ぐことができるように、明日や明後日ではなく、今を看護していくことの大切さを知りました。

 

病気が進行し、ほぼ、意思疎通が目だけになった時、看護師として一番つらいのは、患者さんの意思がつたわらない場面です。

 

自分自身が情けなくなり、自己嫌悪に陥ることもあります。

 

また、慢性化された日常で、患者さんの楽しみは食事の時間になります。

 

それなのに、嚥下困難による誤嚥が増えると、肺炎になりやすく、また窒息もあるので、気管切開の施行、しいては、呼吸器装着までいきます。

 

そうなると、鼻からの流動食、胃ろうからの注入などになり、中には、生きている意味が分からなくなってしまう患者さんもいらっしゃいます。

 

家族への負担も多く、疲労は限界に達します。

 

回復期の病棟との違いがよくわかる病棟です。

 

回復への援助は、光の方へ進むことができます。

 

けれど、神経内科病棟は、病気が回復には向かわないことも多いです。

 

今まで出来ていたことが、急速にできなくなり、回復の見込みもない。

 

その苦しみに患者さんと向き合わないといけません。

 

なので、看護師のメンタルもそれなりに忍耐力が必要となります。


私は新卒で働いていましたが、出会った先輩ナースは、慢性疾患の看護を得意としている人でした。

 

じっくり患者さんの話を聞く努力が出来る人。自己嫌悪に陥りにくく、いろいろな工夫をしながら、患者さんと向き合える人。慢性化された日常に、ユーモアや変化を与えようと出来る明るい人。ルーチン化された業務でも確認を怠らず、丁寧に作業をこなせる人でした。


そんな方と共に、毎日働きました。

 

いつか、私もそんな風になりたい!

 

その気持ちはどんどん膨らんでいきます。

 

同じ医療者ですが、その看護師の先輩に勇気をもらっています。

 

大変感謝する日々です。

 

・このエピソードをお寄せいただいた方

 

性別:女性

年齢:40代

お住まい:広島県広島市

職業:神経内科の看護師

 

エピソードをお寄せいただき、ありがとうござました!